HOME>オススメ情報>大手かそれとも中小か。どちらの不動産会社を選んだら良いのでしょう。

住まい探しに重要な不動産会社選び

握手

私たちの毎日に欠かすことができないのが衣食住の3つの要素です。そのうち衣(衣服)と食(食料)について、流通や経済が発展した現代では、どこにいても同じようなものを入手できるようになりました。けれど住(住居)だけは、現在もその立地に大きく影響され続けています。都市や自然など求めるものは人それぞれですが、やはり多くの人が望むのが生活しやすい土地です。たとえば最近では、鉄道網や商業・公共施設が充実する一方で自然にも恵まれた武蔵小杉の町が人気です。武蔵小杉にはタワーマンションや一戸建てなど、さまざまなタイプの住居が持ち家・賃借を問わず豊富にあります。これらの物件を具体的に探す際に、重要となるのが不動産会社選びです。選ぶ際の基準としては、まず大手なのか中小なのか、あるいは全国規模なのか地域密着型なのかといったところが最初のポイントになります。

不動産会社の業務内容

集合住宅

不動産会社は、土地や建物など不動産に関するさまざまなサービスを行っている会社です。主に不動産の売買や賃貸借、あるいは管理などの仲介・代行業務を提供しています。また、中には自社物件を賃貸したり不動産開発や分譲を手がける会社もあります。その規模はさまざまで、誰もが一度は聞いたことのあるような大企業から個人経営の業者まで幅広く存在します。特に武蔵小杉のように比較的最近発展した町では、需要の多さから数多くの不動産会社が営業を行っています。

複数の業者を比較検討する

マンションの模型

武蔵小杉に限らず、不動産会社を選ぶ際にまず注目したいのが大手なのか中小なのかといった点です。大手には大規模な営業網を生かした豊富な取り扱い物件があり、大企業ならではの安心感が魅力です。その一方で中小には地域に密着した業者が多く、地元の人以外にはあまり知られていない情報が得られたり独自物件に出会える可能性もあります。どちらも法律に基づいて営業を行っているため、提供するサービスの種類や料金に極端な差は生まれません。その分サービスの質で勝負することになるため、複数の不動産会社を訪れて比較検討してみるのが良いでしょう。